NEWS

この度、ミュージカル版と映画版で主役のエヴァン・ハンセンを務めた
ベン・プラットら豪華俳優陣が、本作の魅力を語る特別映像を解禁!

日常に不安や孤独感を抱える高校生が、1通の手紙と思いやりの嘘をきっかけに、人とのつながりや<本当の自分>に気づくまでの過程を描く、希望に満ちた感涙ミュージカルである本作。ミュージカル公演時にはヒラリー・クリントンやマーク・ジェイコブスなど多くの著名人を魅了し、その初演で主役のエヴァン・ハンセンを演じて大絶賛を受けたのがベン・プラットです。当時最年少で第71回トニー賞ミュージカル主演男優賞を受賞するほど、多くの人々を虜にしました。今回の映画化でエヴァン・ハンセンを演じるなら彼しかいないと監督の熱望を受けて「エヴァン役はこれが最後」と出演を決意。圧巻のパフォーマンスを見せるベン・プラットが、今度はスクリーンを通して観客を魅了します。

今回解禁となったのは、主演ベン・プラットが、この作品と初めて出会った時に感じたことや本作への想いを語る特別映像。また、本作で共演したジュリアン・ムーアやエイミー・アダムスといった豪華俳優陣たちがベン・プラットへの印象を明かしており、本作への期待が高まる映像となっています。

3年半もの間、ミュージカル版でエヴァンを演じたベン・プラットは、何年にもわたって彼を理解し、彼と一体化し、身体的、感情的、音声的に彼を表現することができたから、エヴァンは僕にとってすごく特別な存在だったし、第二の人格のようだった。」と語っており、「舞台よりオープンにするというよりは調整し直すという感じだった。心と体の動きを表現しつつ、内面の不安をしっかりと伝えていく必要がある。」とミュージカル版より自然に内面を表現するよう意識したと、映画版とミュージカル版との表現の違いを明かした。歌だけでなく、主人公エヴァン・ハンセンの心と身体の動きにも注目して、ぜひ劇場でご覧ください。